政治姿勢

 「利」よりも「義」政務活動費100%公開!企業献金ゼロ!

政務活動費は、使用目途を明らかにし、1円から領収書を公開しています。しがらみの原因となる企業献金を受け取ったことはありません。「公」を意識した地に足をつけた政治を行います。


顔が見える政治、街頭演説1500回越え!

選挙のときだけお願いする議員ではありません。街頭活動・ミニ集会・ブログ・タウンニュースへのコラム掲載。徹底した情報公開と説明責任を果たします。


考える政治、パフォーマンス政治にNO!「質」の高い議会・議員を作ります!

議会制民主主義の母国イギリスで政治学を学んだいわくま。グローバルスタンダード(世界基準)の政治をお伝えします。そして、みなさん自身に真剣に政治を考えて頂きます。私たち一人ひとりが変わらなければ、質の高い議会・議員は生まれません。

基本政策

教育第一人づくりこそ街づくり

知力・体力・徳力に基づいた公教育の充実、基礎学力の向上を訴えています。学校現場で指導し 、事務所に大学生インーンを受け入れるなど学生たちと一緒に政治やまちづくりを考えます。


経済成長、臨海部医療特区を起爆剤に!

国指定の川崎臨海部特区には、医療・福祉など世界最高水準の研究施設が集積しています。雇用を増やし、最先端医療を市民へ還元する政策を議論します。


市議会の仕分け人、総工費4336億円の負の遺産地下鉄問題解決!

いわくま=地下鉄専門議員と言われるほど、川崎の負の遺産である大型公共事業・地下鉄問題に取り組みました。平成26年4月以降、地下鉄に関するムダな税は1円も支出していません。




ムダ使い全廃、経済成長により財源確保し、人を大切にする政策を実現 ページの先頭へ

いわくま実話① 「市営地下鉄問題」

平成12年に計画された川崎縦貫高速鉄道線整備事業は着工することなく平成24年に廃止され、40億以上の赤字を計上した。 いわくまは、40億を市民生活に影響ない基金からの債権償還を提案し採用される。さらに対案として新型E233系車両の導入を提言。

いわくま実話② 「なぜ天下りはダメなのか?」

1)ムダな税投入が市から流れる。2)能力に応じているか不明瞭。3)組織の硬直化を招く。